MENU

【エロ漫画・同人誌 中出し】柄あゆり日誌 総集編(六月の産声) 無料

『柄あゆり日誌 総集編』のあらすじ
サークル『柄あゆり日誌』作品全14本をまとめました。

追加のエピソードはありませんが、おまけで全シーンにマスク差分を追加いたしました。

価格も単話ごとに購入するよりも大変お得になっておりますので、
興味を持たれた方はこの機会に是非お手にとっていただけたら幸いです。

■収録作品一覧
——————————————————
■女子校生×路地裏 理性のとんだ女子校生は性欲がとまらない

女子校生2人に人通りのない路地裏へ誘われ
鼻の下を伸ばしてついていく主人公。
しかし彼女たちの目的は、おこづかい欲しさのたかりであった。

まんまとお金を手に入れ成功したが、実は彼女たちの今回の行いはこれが初めて。
慣れない行いに少しの罪悪感から主人公に同情の目を向け始める。

今なら少しエッチなお願いをしても聞いてもらえるだろうと踏んだ主人公は……。

——————————————————
■少女×SNS~ネットで一目惚れした憧れの娘と生えっち~

主人公はネットで偶然見かけた女の子に一目惚れをしてしまう。
その娘の更新を毎日欠かさずチェックする日々が続いていたある日、彼女から突然メッセージが…。

——————————————————
■初体験はやさしいOLのおねえさん

街で偶然知り合ったOLのおねえさん、南唯花。
いつも同じベンチに座っている主人公を何ヶ月も前から見かけていたらしく気になって話しかけたという。

おねえさんは明るく気さくな人で、話を聞いているうちに自然と緊張が解けていき
気づいたら自分も悩みなどを打ち明けたりしていた。

それを聞いた唯花は、知り合ったばかりとはいえ主人公を何ヶ月もずっと見ていた事から
少し情がわき、自分がその悩みに対して何かしてあげられる事はないか、と考え始める。

——————————————————
■初めての思い出は幼馴染といっしょ

同じクラスで幼馴染の「七菜実」。
家も隣で昔から腐れ縁のような関係で、
主人公の居残りがあっても終わるまで待ちいつも一緒に登下校をしている。

今日は主人公の誕生日だけど悪いこと続き。
七菜実は落ち込む主人公をなんとか元気づけてあげられないか、と考え始める。

しかしその無邪気な気持ちがエスカレートしてしまい――。

——————————————————
■田舎の夏休み

毎年夏になると必ず
昔住んでいた田舎を訪れる。

海と山の匂いがする風景。
一日中聞こえてくる蝉や鈴虫の音。
お姉ちゃん面をする活発で年上の幼馴染。

いつ来ても変わらない景色、人。
でも今年は、友達との関係がすこしだけ変わった。

——————————————————
■‘B’からはじまる歯科助手お姉さんとの甘い性活

主人公の自宅近くの歯科に勤めている歯科助手のお姉さん、山倉菜月。

お昼になるといつも看護服にカーディガンを羽織ったまま近くのコンビニに
昼食を買いに行っており、主人公は菜月をたびたび目撃していた。

清潔感ただようキレイなお姉さんに下心のある視線を向けていた主人公だが
お姉さんに気づかれていて思いがけない状況に発展していく。

——————————————————
■俺の部屋がセールスのおねえさんとのヤリ部屋になった日

外は寒くカップルで溢れかえるこの時期、外に出るようなイベントもなく
いつも通り部屋でダラダラと過ごしていると突然のチャイムが鳴った。

どうせセールスだろうといつもなら居留守を使うところだが
玄関前に立っていた女性があまりにも美人で、時期も時期だったからか
話を聞くだけなら、と下心で扉を開けてしまった。

それがきっかけとなり、平凡でモノクロだった日常がまたたく間に色付いていく。

——————————————————
■■■■■■■

大人への強い憧れをもつ女の子、南唯花。

2年になるとクラスでは処女を卒業し終えた女子が多くなり、
休憩時間には自身のえっち話で盛り上がることも増えてきた。

しかし唯花にはいまだに性経験はおろか交際経験すらなく、
みんなに取り残されるような寂しさや焦りから
それがコンプレックスになりつつあった。

そんな中、憧れた機会が突然唯花に訪れる。

——————————————————
■●●●●

4月下旬。入学式が終わってしばらくたち、
新しい環境にも少しずつ慣れはじめてきたヒロイン、小坂さおり。

憧れの女子校生になり、キラキラした新生活を
想像しては胸を膨らませる毎日が続いていた。

そしてその心待ちにした女子校生生活のはじまりは
なんの前ぶれもなく突然訪れた――。

——————————————————
■秋めく夕暮れとおねえさんのま○こ

10月の中ごろ。
外は次第に寒さを増し、すこし肌寒く感じる季節。
仕事を終え、その冷え込む帰り道を歩くOL、南唯花。

自宅に着き、「社会人としての唯花」から
「一人の女の子としての唯花」に戻りほっとひといき。
冷えた彼女の体はあたたかいものを求めはじめる。

——————————————————
■好きって言われたい

気になっていた男子に告白をするため
放課後の駐輪場で男子の帰りを待つ少女、中さおり。

勇気をふりしぼった初めての告白は伝わり
若い二人の好きな気持ちにブレーキなどかかるわけもなく――。

——————————————————
■打上花火

残暑が残る夏の花火大会。
浴衣に身を包み普段と雰囲気が変わった幼馴染。
花火を見晴らすことができる二人だけの特等席。
いつもと同じ相手といつもと違う空気。

——————————————————
■ちょっと意地悪なOLのおねえさんに甘えながら初体験

街で偶然知り合ったOLのおねえさん、矢内唯衣。

会社のストレスで今日は飲みたい気分だったが、飲み相手のいない唯衣は
無害そうな主人公にダメ元で声をかけてみたという。

話しているうちに打ち解けていき、主人公の部屋でお酒を飲むことに。
お酒を飲んでいるうち次第に雰囲気が変化していき
唯衣のイタズラからえっちをする流れへと展開していく――。

——————————————————
■親身な女上司にホテルに連れ込まれ優しく交尾でお説教

仕事で業績をあげられず活躍無しの冴えない主人公。
それを見かねた女上司は退勤後に主人公を連れ出した。

説教をすると向かった先は会社の側のラブホテル。
そしてたっぷりとお仕置きの交尾を受けることになった――。

——————————————————

作品タイトル 柄あゆり日誌 総集編
作者名・サークル名 六月の産声
シリーズ なし
元ネタ オリジナル
タグ・ジャンル 制服、成人向け、男性向け、脚、おっぱい、ラブラブ・あまあま、ベスト・総集編、ぶっかけ、フェラ、中出し、野外・露出、処女、ピックアップ作品
配信開始日 2021年12月25日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる